LPガスについて あったかさわやかクラブダウンロード 協会について お問い合わせ カレンダー当選番号 検定・講習会 テキスト購入

LPガス安心メモ

料金について

LPガス料金に
差があるみたいなんだけど…?

LPガス料金は都市ガスのように一律の料金ではありません。
販売店ごとにサービスや保守対策の内容によって多少異なる場合があります。
また運搬費などに関連して地域による価格差が生じる場合もあります。

LPガス料金は自由設定

LPガスの料金は、都市ガスや電気などの認可料金とは違って、販売店がそれぞれの料金計算の方法によって料金を設定する方式になっています。
したがって、LPガスの料金は、販売店によって多少異なる場合があります。料金の違いには、提供するサービス・保安対策の違いなどが反映されていることもありますので、詳しくは販売店にご確認ください。お客様からのお問い合わせがあった場合、販売店は店内に備えた料金表にもとづいて説明するよう、業界の自主ルールで取り決められています。

全国の地域ごとのLPガスモニター価格については
ホームページで!

地域のLPガスモニター価格に関しては、石油情報センターのホームページのLPガス価格データを参照するか、各都道府県のLPガスお客様相談窓口、または愛知県LPガスお客様相談所(電話(052)261-2833)にお問い合わせください。

一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センター

料金制がわかりにくいんですけど…?

LLPガス料金は電気料金などと同じように、
ガスの使用量に関係なく発生する料金(基本料金)とガスの使用料に応じてかかる料金(従量料金)の合計で計算
される二部料金制が一般的です。料金明細が不明な場合は販売店へお問い合わせください。

二部料金制の仕組み
(LPガス使用世帯の約90%に適用されている一般的な料金制です。)

従量料金
ガスの使用量に応じてかかる費用です。
基本料金
ガスを使用しなくても費用負担が発生します。ガスの使用量の多少に関係なく1軒に生じる固定的な費用です。

料金変動の要因

輸入が大半を占めるLPガスの価格はFOB価格(サウジアラビア出荷段階での価格)や円高、円安などの為替レートの変動の影響を大きく受けます。その他の費用としては、容器などの配送費用や保安経費、検針費用などに要する人件費等があります。

小売価格を改定する場合の手続

LPガス料金は公共料金ではありませんので、料金を改定する際は消費者と販売店が新しい料金について合意することが必要です。そのため、あらかじめ料金改定の通知書や料金表、検針票などの書面により、販売店から改定する金額が通知されます。通知の書面を受取ったら、内容をよく読んで、分からないところがあれば、販売店に確認しましょう。(販売店に受け取った書面の料金改定に同意しないことを伝えずに、改定後のガス料金を支払うと料金改定を認めたことになります。)
なお、料金改定については、都市ガスや電気と同様の原料費調整制度を採用している事業者もあります。この場合には、あらかじめ契約で定められた方法により、自動的に料金が改定されます。

LPガス販売店と契約する際の注意点

LPガスの販売店は、お客様が自由に選ぶことができますが、契約内容をしっかりチェックすることが大切です。ご契約の際は、次の4点を直接販売店に確認してください。

1料金 料金の仕組みはどうなっているのか

どの料金制を採用しているか、また基本料金に含まれるものなどを確認してください。

2値上げ 提示された料金が急に理由なく値上げされることはないか

料金の値上げ、値下げはどのように行われるのか、変動の仕組みや通知の方法などを確認してください。

3内容 契約の内容に不利な点はないか

解約時のトラブルを避けるため、設備の所有関係、解約時に支払うべき費用の有無や計算方法などを確認してください。

4サービス 保安やサービスの内容はどうなっているか

ガス設備の安全性、販売店が提供する保安対策やサービスについても十分な説明を受け、確認してください。